SBI証券も大口優待を緩和したが、しょぼい

楽天が大口優待を緩和しましたが、気づくとSBIも大口優待を緩和しています。

条件は楽天と同じく1日の信用新規建3000万、もしくは、信用建玉3000万なので、楽天と同じです。

2020年9月28日(月)以降、信用取引の取引状況等が下記条件を満たされたお客様は、判定日の翌営業日約定分の信用取引のインターネット取引手数料が無料となります。(2020年9月29日(火)約定分より適用開始)

しかし、優待内容に差がありすぎです。

SBIは翌日の信用取引手数料が無料になるだけです。

楽天は、1度達成すると、3ヶ月優待が継続します。

内容も、信用手数料無料だけでなく、現物手数料割引、ポイントアップもついています。

どちらが優れているかは一目瞭然です。

SBIはIPOが強いというのが利点でしょうが、これまで当選したことはありません。

それでも、やっとIPOポイントが160ポイントほど溜まって来ました。

SBIの役目はIPOポイントを貯めてIPO当選を狙うだけになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です