NYダウ、最高値更新

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6341556

【ニューヨーク時事】週明け4日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展への期待が広がる中、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比114.75ドル高の2万7462.11ドル(暫定値)と、7月15日に付けた史上最高値(2万7359.16ドル)を約3カ月半ぶりに更新して終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数も46.80ポイント高の8433.20と、2営業日連続で最高値を塗り替えた。

気づくと、アメリカ株が最高値を更新してます。アメリカにつられているように、日本株も高値を追っています。

記事には、米中協議の進展と書かれていますが、なんか違うような気がします。

まずおそらくは、米中の貿易協議は不発に終わると思います。あれだけ強硬に反対していた中国があっさりアメリカの言うことを聞くとは思えません。アメリカの要求を飲んで、市場経済をさらに自由化したら、共産党体制が終わってしまうのではないか。

アメリカ株高の原因は、間違いなく、中央銀行による利下げとQEだと思う。今回で利下げは打ち止めと言われているけれど、QEは継続されます。と言うことは、まだまだ上がりそう。チャートを見ても、上値抵抗線を突破してここから上げそうです。

僕はアメリカ株を買っていないので、重要なのは日本の小型成長株です。日本もまだ日銀が金融緩和を継続しているので、株は上がると思います。実際、不動産価格が全国的に上げてきています。

不動産株のプレサンスが明日決算発表らしいです。マンションは上がりすぎてもうダメだと言うような記事を見かけるので、プレサンスの決算は多少心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です