JALが社員に15万配るらしいが、株主的にはなし

日本航空が7月初めに、ほぼ全社員に対して1人15万円程度の特別支援金を支給する方針を固めたことが20日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化したため夏季賞与は前年から半減する見込みだが、別途、社員を鼓舞する目的で支給する。総額は50億円程度になる見通しだ。外出自粛の影響などで収益が悪化し、運輸業界で夏の賞与を減額するケースが相次ぐ中、日航は異例の対応に踏み切る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94bbf6e8cc36ceb6d8b8f8d5150b36136348af9e

驚いたことにJALが社員に15万配るらしい。

JALは数年前に政府に救済されたばかりで、どちらかというとこれまでの散財体質を改めて、堅実に経営するべきだと思うが、やはり散財体質は変わっていないようだ。

そもそも今は航空便数も減って、売り上げ大幅ダウン、社員はほとんど自宅待機で遊んでるだけ、しかも、月給を減らしているわけではないから、社員の経済的な困窮はないよね。

賞与は半分になるのかもしれないが、そもそもの月給がJALは高いから、ボーナスが減ったとはいえ、軽く50万以上もらうだろう。

にもかかわらず、赤字決算の会社で社長が勝手に金を配っていいのだろうか?

会社はあくまでも株主のものであって、利益も上げていないなかで、人の金を勝手にばらまくって頭がおかしくないか。

誰の許可をとっているのだろう。

まずはボーナスを完全にゼロにして、基本給を引き下げる、それでも足りなければ、リストラを行うべきだと思う。

このアホ社長をまずは首にするべきだ。

世の中をなめすぎ。

ただ恐ろしいのは、こんなアホなことをしているにもかかわらず、この記事が社会からどう評価されるかだ。

まさか、社員を大事にしていてJALは偉いなんて、JALをほめたたえるなんてことは起こらないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です