飲食店はやばいかもしれない

もう僕が単身赴任をするので、週末に家族で食事に行ってきました。

行ったのは、近所の人気店で通常であれば、夕食時に行ったら、数組は待っていて、20分くらいは待たないと入れないお店です。

ところが、駐車場に着くと、車の数が異常に少なく、ひょっとして今日はお休みかな?と思うほどで、数台車が停まっているだけです。

店内もガラガラで、全く待たずにそのまま案内されました。

3分の1くらいの席しか埋まっていません。

いつもなら家族づれでざわざわした雰囲気なのに、なんか静かです。

粗利益が50%くらいあるとしても、客数が3分の1では間違いなく赤字になると思います。

この店舗は人気のある店なので、これまでの蓄えもあると思いますが、この状態が3ヶ月も続いたら、バタバタと潰れる飲食店が続出するはずです。

政府が資金繰りの支援に乗り出していますが、どの程度使い易い制度なのでしょうか?

融資に色々な審査が必要でなどとやっていたら、資金繰り倒産してしまうと思います。

倒産すると飲食店だけでなく、融資している銀行、売掛金を持つ取引先など損失が広がっていきます。

そして、これらの損失はコロナが終わっても、なくなりません。

あと1ヶ月もしないで、収束が見えてくると思うけど、それまで耐えられるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です