非常事態宣言発動はいつか?

前回の宣言発動は1日当たりの感染者が400人弱だった。

あのときは全国で新規感染者が相次ぎ、1週間で新規感染者が倍増していた。

緊急事態宣言がどれほど効果があるか当初疑問だったが、宣言後1週間で新規感染者がピークをつけ、減少にうつった。

もし緊急事態宣言をしていなければ、あっという間に1日の新規感染者が1000人、2000人、4000人と、増えていったはずだ。

今回はみんなが気を付けているので、10日で倍増のペースで前回よりも少し遅い。

それでも、1日の新規感染者数はすでに600人なので、前回の発動時を超えている。

7月末には1日の新規感染者数が1000人を超えてくる。

このあたりが非常事態宣言発動ではないかと思う。

このまま何もしなければ、8月末には一日5000人とかになってしまうから、どんなに遅くても8月末には発動だろう。

Go to travelなんてやってるわけだから、8月の旅行を止めるようなことはしたくないのだろうが、お盆前には発動しないと全国に蔓延してしまう。

もしくは、政府はコロナの日本人の致死率が低いから、無視するつもりなのだろうか。

若者には大して深刻ではないから無視するのもありだとは思うけど、声が大きくなってくれば、政府は無視できずに、渋々宣言発動すると予想してる。

問題は、その時に株式市場がどう反応するかです。

前回の宣言発動時には、2月からガンガンさげて、日銀の緩和によりすでに株は3月に反転してきていました。

今回はすでに緩和アクセルは前回の状態だから、宣言発動しても下げないのか、それとも、今の株価位置が高いのでもう一度底を試しに行くのか、どちらだろうか。

日銀がアクセル全開でも3月に相場が急落していったときには止められていなかったから、やはり一時的には底を試しにいくと予想している。

なので、念のため、ポジションを軽くしています。

それでも、バッタによる食料価格上昇シナリオにも乗ろうとしているから、なかなかポジションを小さくしきれない。

地震対策銘柄はやめてしまったが、また、三浦半島で異臭騒ぎがおきているし、地震も遅かれ早かれやってきます。

どのリスクに対応するべきか難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です