短期トレードの戦略

デイトレードをするにあたって、上場企業は3500社もあるわけで、銘柄選択をどうするかと言うことを考えないといけない。

1 決算発表に絡める

決算発表後は株価の動きがあるそうです。動きがあるだけで、決算の内容がよければ、上げて、悪ければ下げると言うような単純ではないそうです。

でも、悪いと下げるよね。この間のプレサンスコーポレーションとか悪くはないのだけど、中身を精査しないとそこがわからない場合、一見して下げてしまう。

なので、決算内容によって取引方針を決めるというのはありだと思う。

決算発表予定は以下のいろいろなページで確認できます。

で、この予定にしたがって決算を見て売買するというのが一つめの方法。

https://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/kessan_s/kessan_s.asp

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_economicCalendar&cat1=market&cat2=economicCalender&dir=tl1-cal%7Ctl2-schedule%7Ctl3-stock%7Ctl4-calsel&file=index.html&getFlg=on

https://www.nikkei.com/markets/kigyo/money-schedule/kessan/

https://shikiho.jp/news

2 上昇率、下落率ランキングを利用する

その日の上昇率、下落率ランキングを見れば、その日によく動いている銘柄は簡単にわかります。

楽天証券のトレーディングツールにもランキングがついているので、簡単に利用できます。

ただ動いた結果がランキングになっているわけであって、これからも動いた銘柄が動き続けるかどうかはわかりません。

まさに動いている銘柄を見つけて飛び乗るとかすばやい売買ができれば使えるかもしれない。

3 前日のニュース

なんかの商品を開発したとか、決算がよかったとか、業務提携とか、買収とかのニュースが出ると、株価はよく動きます。

動いた段階で素早く飛びつけばいいわけです。

問題はどうやったら、他の人よりも早くニュースに気付けるかと言うことです。

1とか3の方法の結果が2のランキングにつながっているわけだから、上昇率ランキングを頼りにしていると反応速度としては遅れるような気がします。

もう少し勉強して、トレーディング手法を固めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です