池袋暴走事故署名活動

東京・池袋で4月、暴走した乗用車にはねられ松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が死亡した事故で、真菜さんの夫で会社員の男性(33)が30日、東京都内で記者会見し、運転手を厳罰に処するよう求める署名が29万1639筆分集まったことを明らかにした。署名を募るのは8月末までの予定だったが、賛同者の要望で9月15日に延長する。

男性は7月、「加害者がしかるべき処分を受けることが、再発防止につながる」として署名活動を開始。真菜さんの出身地の沖縄や池袋の街頭で協力を呼び掛け、ブログに用紙をアップロードして郵送でも受け付けた。
 活動の中で、子どもを持つ親から「事故がなくなってほしい」と声を掛けられ、高齢者から「免許を返納した」と明かされたという。1万通を超える手紙も届き、男性は「ここまで多くの人に署名してもらえるとは思っていなかった」と感謝した。署名は今後、東京地検に提出する。
 警視庁は、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて捜査している。

https://mainichi.jp/articles/20190830/k00/00m/040/201000c

池袋での飯塚幸三(88)による暴走事故の署名活動が行われています。僕も署名を送りました。9月15日まで受け付けるようなので、共感される方はご協力お願いします。以下のリンクに松永さんの作成されたホームページがあります。

https://ameblo.jp/ma-nariko

この事件での警察の動きは本当におかしいと思う。他の暴走事故の場合には、現行犯で逮捕なのになぜか今でも逮捕されていない。これでは警察が元通産省の役人だったからという理由で犯人をかばっていると思われても仕方がない。警察も国民の税金で雇われているわけだから、民意を無視せず、きっちり捜査して、立件、逮捕、懲役刑に処すべきだ。

今回の暴走事故だけでなく、高齢者による事故が絶えない。日本では車を運転できるのは18歳からということになっており、子供は未熟だから運転したら危ないという意図があるから制限されているわけだ。同様に、高齢者も明らかに運動機能、判断力が低下するため、同様の規制を行うべきだ。例えば、80歳で一旦全ての免許を失効させて、どうしても運転したい人は毎年難しい運転試験と難しい知能試験、適性試験を行うなどして運転者の能力を審査するようにすれば、今回のような88歳で杖つきながら、運転するということはなくせるはずです。警察には80歳で免許失効を真面目に考えてほしい。

これが田舎であれば、勝手に田んぼに突っ込んだというニュースにならないような事故ですむこともあるが、都会では常に多くの人が歩いているため、ちょっとしたミスで大事故につながってしまう。特に都会では、免許制度を厳しく運用するべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です