楽天証券が大口優遇を緩和

2020年9月28日(月)取引分より、国内株式手数料「超割コース」の大口優遇達成条件を大幅に緩和します。詳細は、下記をご確認ください。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20200914-01.html

楽天証券の大口優遇が緩和されるそうです。

これまでは1日の信用取引額が5000万円でした。

今の僕の資産額ではまだ厳しいです。

でも、28日から3000万円に引き下がります。

取引額か、たて玉総額が3000万円ということなので、これなら今の資産額で十分可能です。

資産額が1000万円を超えていれば、建玉3000万円を一晩維持することもできるし、1日で売って買うこともできます。

全く値動きのリスクを取りたくないなら、同じ銘柄を1500万円分ずつ売りと買いを同時にやればいいことになります。

朝の寄り付きで両建てして、昼の寄り付きで返済すれば持ち越さなくすみます。

持ち越して良いなら、翌日返済でもいいです。

得られるメリットは、

ー現物手数料は数%割引

ー信用取引手数料は0円

ー手数料に応じて付与されるポイントも1%から2%

です。

まだ大口になってないけど、大口になれるのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です