楽天大口優待の取得法

今日から楽天の大口優待が緩和されたので、早速大口狙いをしました。

僕の取った方法は、1日の新規信用取引3000万円です。

方法は、寄り付きで銘柄Aに成り行き買い1500万円と成り行き売り1500万円を行います。

これで3000万円分達成のはずです。

すかさず信用買分を現引して、信用売りを現渡しで解消します。

現金1500万はないので、2回に分けてこの作業を行おうとしたのですが、、、

なんと現渡ししても、現引き余力が回復しませんでした。

どうも現引き>現渡し>再び現引き>現渡しという無限ループは組めないようになっているようです。

しょうがないので、現金の限界まで現引き、現渡ししておいて、残りの建て玉は明日まで抱えることにしました。

1500万の現金をおいておかないと、この方法は使えないということです。

それなら、寄り付きに売り買い両建てして、後場の寄り付きに両建て解消の方が簡単でした。

こんなことをするよりもこれからは毎月楽天で3000万円以上の信用建玉を翌日に持ち越せば達成できるので、今度からはこちらを狙います。

先ほど楽天証券の口座を確認したけど、まだ大口優待になっているかどうか確認できませんでした。

おそらく明日の朝になれば、大口になっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です