株式受け渡し日の短縮

株式優待取りが2日前に

2019年7月16日(火)約定分から受渡日が1営業日早くなります。今までは株主優待取りは基準日3日前に株を所有して入ればよかったが、7月からは基準日2日前になります。今までよりも1日遅くなるので、間違って株を売ってしまわないようにしないといけないですね。

受け渡し日の短縮とは関係ないですが、株主優待つなぎ売りが有名になったせいか、企業が株式長期保有優遇政策を取るようになってしまいました。確かに株主優待つなぎ売りだけをする株主は、企業にとってはコストなだけで意味がないから、これからも長期優遇政策はどんどん増えていきそうです。そうなると、やはり株の長期保有の方へ重点を移していかないと厳しくなりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です