株式分割を考慮した株価の相関係数

やっと株式分割を含めた株価のデータができたので、気を取り直して、相関係数を計算しました。

これは簡単です。

すでにある相関係数計算プログラムに作成した新しい株価をぶち込むだけです。

結果は以下のようでした。

株価       1.000000
出来高      0.051110
売上高         0.452249
営業利益        0.482017
経常利益        0.479889
純利益         0.475835
EPS         0.477083
ROE         0.262491
ROA         0.322203
総資産         0.506842
純資産         0.563335
株主資本        0.539265
利益剰余金       0.541063
短期借入金      -0.096324
長期借入金      -0.030240
BPS         0.566223
自己資本比率      0.223284
営業CF        0.267376
投資CF       -0.153892
財務CF       -0.080733
設備投資       -0.199985
現金同等物       0.356732
営業CFマージン    0.142455
一株配当        0.511939
剰余金の配当      0.446415
自社株買い       0.178719
配当性向       -0.070658
総還元性向      -0.038596
純資産配当率      0.268959

一番高いのは、BPSの0.566ですね。

次は純資産。

まあ、BPSと純資産は同じようなものですからね。

そのあとは利益剰余金、株主資本と、バランスシートからの値の方が相関します。

一株配当、営業利益、経常利益、売上高とPF関連のものが続きました。

株式分割を考慮すると、全体として、値が高くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です