株主優待つなぎ売り

株を所有していると、その会社が株主優待として、会社が作っている製品とかをくれます。株主優待をもらうためには、会社が定める基準日に株を持っていればいいです。基準日だけ持っていればいいので、1年中、資金をその株に拘束しておく必要はありません。1日だけ保有してすぐ売ればいいのですが、基準日後は株価が下落することが多く、せっかく優待をもらっても株価の下落で損することになってしまいます。

株価の下落に対する対処法がつなぎ売りです。株を買うと同時に、信用取引で株の信用売りをすることで株価の下落に対してヘッジすることができます。信用売りには制度信用取引と一般信用取引があります。制度信用取引は証券取引所が定めた制度でどの証券会社でも同じ銘柄を取引できます。一般信用取引は、各証券会社が定めた制度で使用できる銘柄も、貸株料もことなります。つなぎ売りをする際の重要な違いは、逆日歩の有無です。株主優待の基準日に空売りをすると、制度信用取引の場合、高額な逆日歩という余計な手数料がかかることが良くあります。逆日歩の厄介な点は、翌日にならないとその日の逆日歩がいくらになるのかわからないことです。なので、つなぎ売りした場合に、高額な逆日歩のため、損してしまうということが起きます。一方、一般信用の場合、この厄介な逆日歩がないのでコストを正確に計算できます。なので、つなぎ売りには一般信用売りをした方がいいです。

つなぎ売りのメリット

  • 株主優待取得時の株価下落をヘッジできる。

つなぎ売りのデメリット

  • 配当金がなくなる。保有している株から配当金がもらえるが、信用売りしている株に配当金分を支払うため、結局、配当金がなくなる。
  • 信用売りのコストがかかる。優待とコストを比較して利益が得られる銘柄だけにすべき。
  • 一般使用売りの数量が限られているため、自分が取りたい銘柄が取れるとは限らない。

つなぎ売りのコスト

つなぎ売りにかかるコストは証券会社によって、手数料プランによって異なります。自分が使っている楽天証券の超割コース、金額別に一般信用の場合のコストを計算してみました。貸株料は14日分です。

金額  現物手数料 信用手数料 貸株料 合計

5万円  54円    97円   74円  225円

10万円  97円    97円   149円  343円

20万円  113円   145円   299円  557円

50万円  270円   194円   747円 1211円

100万円  525円   378円  1495円 2398円

150万円  628円   378円  2243円 3249円

200万円  994円   378円  2991円 4363円

300万円  994円   378円   4487円 5859円

計算してみると、金額が高くなってくると、貸株料のコストがどんどん大きくなってくるのが明らかです。貸株料を2週間で計算しているので、例えば、1週間ですませることができれば、貸株料は半分ですみます。大きな金額だと重要です。20万円くらいの株価だと2000円分くらいの優待だと取る価値があるかな。50万円だと3000円以上は欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です