株主優待つなぎ売りの比較

今の戦略は、毎月株主優待つなぎ売りを行い、株主優待をちょこちょこと集めようという方法なのですが、一つ大きな問題があります。

株主優待つなぎ売りのための一般信用売りは株数が限られているので、売りたい分だけ取ることができません。今は楽天をメインにしているのですが、楽天の場合、権利落ち日の14日前の19時から一般信用売りができるようになります。18時50分から待機して待っていますが、それでも、欲しい銘柄の信用売り枠を確保できません。

少し面倒ですが、楽天だけではなく、ほかの証券会社も利用する必要がありそうです。SBI証券、GMO、日興、カブドットコム、マネックスでも一般売りがあります。それぞれ制度が異なり、使いやすさ、コストが違います。

SBI証券、一般信用取引短期。15営業日前からの取引。金利3.90%。楽天は14日前なので、楽天よりも長い期間になり、金利がコストが大きくなる。

手数料

10万円まで90円
20万円まで135円
50万円まで180円
50万円以上350円

GMO証券、一般信用(短期)。金利3.85%。

10万円まで96円
20万円まで140円
50万円まで183円
50万円以上259円

日興証券、一般信用取引。期間3年。貸し株金利1.4%。取引手数料0円。

カブドットコム。

10万円まで90円
20万円まで135円
50万円まで180円
60万円まで539円
70万円まで629円
80万円まで719円
100万円まで760円
200万円まで940円
500万円まで1100円
500万円以上1200円

マネックス。金利1.1%。

10万円まで95円
20万円まで140円
50万円まで190円
100万円まで355円
150万円まで600円
200万円まで800円
200万円以上1000円

以前の楽天証券の一般信用コストを計算したときにわかったことですが、つなぎ売りのコストは金利が一番大きいので、金利が低いほうが安く済見ます。金利では、マネックス、日興がいいですね。マネックスなら3分の1以下なので、6週間前から売り立てておいても、3.90%の楽天と変わりません。マネックスは取引手数料が少し高いです。

日興では取引手数料無料で、1.4%なので、日興が一番かもしれません。日興の難しいところは、いつでも一般信用売りを開始できるので、あまり早く建てすぎると金利が高くつくけど、もたもたしているとなくなってしまうというジレンマに陥ります。1ヶ月以上前に立てることになると、資金の回転が2ヶ月に一回ということになってしまい、毎月というわけにはいかなくなってしまいます。現状、それほどたくさんの銘柄をとっているわけではないので、日興で1ヶ月半前からというのがベストかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です