東京のコロナ感染がじわじわと増えている

緊急事態宣言が解除されたし、首都圏含めて、日本国内の移動制限はなくなりました。

日本ではすっかりコロナは終わったモードですが、世界を見てみるとブラジルを筆頭にアメリカでも以前の勢いのまま増え続けています。

ブラジルでコロナが増えているのは今は向こうが冬だからかなと解釈していたのですが、アメリカでも増え続けているので、コロナは夏でも冬でも気温にはほとんど影響されないようですね。

日本でこの秋からコロナ第2波がくると思っていましたが、特に秋まで待つ必要はなさそうです。

それにしても奇妙なのは、中国、韓国、日本、ベトナムといった東アジアでコロナの感染力がよわく、発症しても重症化しにくいのです。

このおかげで日本では少なくとも今のコロナウイルスは恐れるに足らない存在になっています。

東京ではじわじわと感染が増えていますが、おそらく爆発的には増えないでしょう。

まあまた一日の感染者が200人とかになってきたら、首都圏は封鎖でしょうが、それでしばらく待つとまた治まるだろうから、またすぐに再開できるという流れで、日本ではあまり問題化しないかもしれません。

それよりも今はバッタと地震に注目するべきかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です