新型コロナウイルスと株価ー買い時はいつか

新型コロナウイルスが拡大して来て、株価が一気に下げて来ています。

あまりコロナウイルスは関係ないような気がするけれど、僕の保有する小型株も一緒に下げているので、下げ切ったところが買い場になります。

中国発のウイルスというとSARSがありました。

あの時の株価の動きはどうだったかというと、ウォール・ストリートのホームページから転載すると以下のようでした。

中国本土、香港、米国の各市場は、SARSが正式に封じ込められる数カ月前に底入れした

https://jp.wsj.com/articles/SB10043423318217253417304586157170148135848

パターンとしては、感染の第一報が出ても、市場は反応せず、その後、感染が拡大してきて、やばいんじゃないかとなると、一気に下げる。

ウイルス感染が終息していたなくても、感染拡大が減少した段階で株価は上昇に転じる。

ウイルス終息の頃には、株価は完全に戻り、ウイルスってなに?という状況になるということです。

今はまだ感染が拡大している状況なので、株価が下がって来ています。

2019年12月中旬に感染が確認されたことを考えると、2020年3月頃には株価は反転し、その更に後遅れて、WHOによる終息宣言が出されると予想することもできます。

https://www.ewarrant-sec.jp/article/sars事例考えれば3カ月後買い場/

SARSの例から考えると目安としては3月くらいということです。

インフルエンザでも明らかに毎年冬に猛威を振るうし、この手のウイルス病は冬に感染が拡大しやすいのだと思う。

なので、3月になったら、この感染が減り始めるので、完全に終息するのを待たずに買いに向かいます。

狙いは、全く関係ないのに一緒に下げている小型成長株です。

今回は大きく買いたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です