投資銘柄を決めるには

過去のデータをいろいろとみてみたけど、問題はここからいい銘柄が見つかるかどうかです。

今回の計算には3月末までのデータしか入れてないので、コロナ騒動の中での動きは含まれていないわけです。

で、この間の解析で出てきた銘柄をいくつか調べてみたのですが、3月のコロナショックからの立ち直り方は様々でした。

とてもよく上がって、過去最高値を更新しているものもあれば、あまり反発していないものもあります。

業種によるコロナの影響の受け方の違いでしょう。

となると、過去のデータをいじっても、結局、コロナで社会の条件が変わってしまうと、それまでと非連続的に変化してしまうことになります。

これでは過去の結果があまり役に立たないですね。

それよりも3月の安値からの反発度合いでスクリーニングした方がいまの状況にあった銘柄が拾えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です