南米と中国でもバッタ

世界中でバッタが猛威を振るっている。アフリカや南西アジアではサバクトビバッタが、南米ではミナミアメリカバッタが大発生。国連食糧農業機関(FAO)によると、サバクトビバッタの被害で4200万人が食料危機にひんしている。世界のバッタに詳しい元・蚕糸・昆虫農業技術研究所の田中誠二氏は「日本へ飛来してくる可能性は低いとみているが、南米で被害が拡大すれば、穀物などの輸入ができなくなる可能性もある」と指摘する。

https://www.agrinews.co.jp/p51446.html

アフリカと南アジアのサバクトビバッタに注目していましたが、南米と中国でもバッタが増えています。

今年は日本でも雨続きだし、中国でも洪水が起きていたし、今年は自然災害が多いです。

インド、南米でのバッタ大暴れは小麦価格に影響あるようなので、本当に小麦や農作物が相場になるかもしれません。

そうなったら、商社株丸紅は保有継続するべきだったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です