今月の給与

まだまだセミリタイアは遠く、仕事を継続しているので、今月の給与が支払われました。

転職してからの初任給です。

額面は50万円です。

これまでよりも少し増えたように見えますが、今度の仕事はボーナスがないので、年収では減っています。

ただ手取りはよいように思えます。

前だと50万円もらっても、手取りは40万をすこし切るくらいになったはずです。

しかし、今回は44万円ももらえます。

転職したばかりでまた住民税が天引きされていないからでしょうか。

まあ世の中がコロナで減収の嵐のなか、額面通りの給料がもらえるだけよしとしましょう。

このせいもあって、世の中で言われているコロナによる収入減がいまいち実感として伝わってこないのです。

10万円くれるといっても、それほど必要としていなくて、今の感じだと10万円はそのまま株式市場へと流れていきます。

公務員とか政治家とかはもっとひどい状況で、これだけ国民が苦しんでもしっかりボーナスももらって、10万円の給付金ももらうのでしょう。

1度、公務員と政治家を無収入に落とさないと、彼らは決して国民に寄り添った政策は行われないと思います。

彼らの収入は国民の平均収入に対する相対値にするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です