三共フロンティアは洪水関連?

今朝、寄り付き前の板をチェックしていると、なぜか三共フロンティアがストップ高の気配になっていました。

とはいっても、だいたいそのあとストップ高まではいかずに寄り付くだろうと予想していました。

実際、終値はストップ高ではなく、5.01%高でした。

もちろん5%も上げれば十分です。

三共フロンティアは仮設住居をやっている会社で、もともとは地震関連銘柄として選んだ銘柄です。

東日本大地震のときにはあっという間に2倍になっていました。

おそらく今上げているのは、地震関連ではなく、大雨による洪水関連だと思います。

雨で家が流されて人たちに仮設住居を提供するのでしょう。

別に僕が雨を引き起こしたわけではないけれど、大雨で困っている人たちがいるなか、持ち株があがるのは微妙な気分ですね。

それでも、買値から少し下げていたので、一気に含み益に戻ったのはとりあえずよかったです。

全国的に地震も頻回に起きているし、そのうち大きな地震も来そうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です