マンション購入はやはり博打か

マンションを買おうかと思いたち、内覧までさせてもらい、物件もよかったから一気に購入に動こうとしていました。

が、家族の反対もあり、やめることにしました。

1番の理由はマンションの管理費、修繕費の高さです。

マンションは管理費、修繕費を合わせると2万円程度毎月かかります。

これに駐車場代もかかるし、固定資産税もかかります。

全部合わせると、月3万から4万は費用がかかります。

この金額だと今の僕の家賃よりも高いのです。

物件価格も年を追うごとに下がっていくわけで、このマイナス分も考えると経済的には合いません。

唯一の望みは、インフレ対策ができることです。

確かに今の金利は非常に低いので、長期固定で借りておいて、インフレがきたら、物件価格も上昇し、万々歳と言うシナリオもあり得ないことはないのですが、このシナリオに乗るにはそこそこのコストを払い続ける必要があります。

つまり、インフレにかける博打ということです。

一方、買わずにインフレが来てしまうと結構なリスクになりそうですが、僕は株に3割くらいの資産はいれているので、株でインフレ対策はできます。

10月末にはもう少し株の割合をあげる予定なので、そうなれば、インフレ対策は十分でしょう。

もう一つ理由を挙げると、マンションは今の部屋よりも職場に遠いので、通勤時間は長くなります。

それでも、東京みたいに満員電車で1時間とかではありませんが、自転車で10ー15分と言った感じです。

また気分が変わったら、買うと言い出すかもしれませんが、とりあえず一旦はやめることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です