ポジションの縮小

地震が近いうちに起こるだろうと予想して、地震銘柄をポートーフォリオの一部に加えてきました。

地震が近いうちに起こるだろうという予測は今も変わりません。

実際、地震は頻回に起きています。

それでも、今の政府の対応を見る限り、コロナはこのあと一気に広まってしまいます。

今の時点でGo to travelはちょっとあり得ないレベルでひどい政策です。

こんなことをしたら、間違いなく全国でコロナが蔓延し、再び緊急事態宣言です。

今年の3月の相場を思い出してみると、コロナがバンバン広がり始めると、株はいいものもわるいものもバンバン売られました。

再びコロナが広がっていけば、株も再び売られるでしょう。

僕が買っていた地震銘柄も、例外なく3月には大きく売り込まれていました。

ちょうど今は洪水関連で値上がりしていたので、一旦、手を引くことにしました。

近いうちに起こる可能性の高い地震と、間違いなくやってくるコロナを比較して、地震への防御ではなく、コロナへの防御を取ることにしました。

地震へのヘッジはなくなりますが、売却金を現金でおいておけば、じゅうぶん防御になります。

ということで地震銘柄は一旦全部売却しました。

利益はほんの数万円です。

ついでに長期投資の方もポジションを縮小しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です