プレサンス社長逮捕で大暴落ーこういう時ってどうしたいい?

大阪観光大(大阪府熊取町)などを運営する学校法人明浄(めいじょう)学院をめぐる21億円の横領事件で、大阪地検特捜部は16日、業務上横領容疑で、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)社長、山岸忍容疑者(56)=神戸市東灘区=を逮捕した。捜査関係者によると、これまでの調べに対し容疑を否認しているという。事件の逮捕者は6人になった。

https://www.sankei.com/west/news/191216/wst1912160031-n1.html

朝、寄り付き前に所有株のチェックをしていました。

プレサンスの板がおかしいです。

ストップ安のところに張り付いています。

売りが100万株くらい出ていて、買いは数万株しかありません。

ひょっとして誤発注かと疑いましたが、ニュースをチェックするとすぐに何が起きたかわかりました。

社長が逮捕されました。

それで大暴落というわけです。

この調子ではおそらく今日は寄り付かず、明日もストップかもしれません。

長期保有はこういう事故があるから、1銘柄への集中投資はやめた方がいいですね。

長期保有は順調に含み益が出ていたのに、このプレサンスのせいで、一気に含み損に突入しそうです。

こういう時はどうするのがベストなのだろう。

できるだけ早く売却するか、それとも保有継続か。

すぐに売却できればそれがいいけど、ストップ安張り付きでは何もできない。

重要なのは、この社長逮捕が業績に与える影響です。

明らかに社長が逮捕されたら、会社のイメージは悪くなるから、マンションの売れ行きにも影響あると考えた方がいい。

この銘柄は元々好業績を理由に買っているわけだから、それが崩れるなら、売るしかない。

それとも案外、業績に与える影響は小さいか。

でも、これは希望的観測かな。

保有を続けて、業績が悪化するのを確認してから処分するという方法もある。

おそらく株価はストップ安で寄り付いた時点が一番安いような気がするから、そこからリバウンドしたところで処分が良いかな。

長期投資は分散しているから、1銘柄の暴落だけなら、ポートフォリオ全体としては何とかなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です