プレサンスが堅調

ふと気づくとプレサンスがものすごいいきおいで株価を戻しています。

社長逮捕による暴落とコロナによる暴落の2段階下げを演じましたが、コロナ分は取り返しています。

僕がプレサンスを処分した株価にもう少しで追いつきます。

こんなに上げるなら、処分しないでずっと持ったままにしておいてもよかったわけですね。

ここまで株価が堅調なのは、オープンハウスの傘下に入り、倒産懸念が払しょくされたことが大きいでしょう。

逆にいうと、オープンハウスの傘下に入っていなければ、やばかったのだと思います。

株価は順調だけど、ここから買いで再参戦しようという気にはなかなかなりません。

やはりコロナで先行き不透明ななかで、マンションが売れるとは思えないのです。

マンションの購入は通常ローンを組むので、普通は先行きが見えてからでないとなかなか購入は進まず先送りされてしまうと思います。

おそらく今期の決算予想は大きく下方修正が入ることになるでしょう。

それでも、今は超大規模金融緩和により、不景気の株高になっているので、どんなにごみ決算を出しても大きくは下がらないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です