パスタがなくなった

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて食料貿易に影響が出始めた。感染症対策のための移動規制で物流が寸断される一方、国内市場を優先する産出国が輸出規制に乗り出したことで穀物価格も上昇している。世界保健機関(WHO)や世界貿易機関(WTO)など3機関は11日までに、輸出管理が広がれば「国際市場における食料不足が起きかねない」とする声明を出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000061-kyodonews-soci

コロナによる食料不足に備えて、少しずつ備蓄をすすめていましたが、やはり食糧不足が起きそうです。

まだコロナの感染がそれほど多くないこんな田舎でも、スーパーの棚からパスタが消え始めました。

僕もパスタは好きなので多少買いだめてありますが、保存可能な食材はほかにもあるのに、みんなが思いついたのはパスタだったようです。

パスタは国産もありますが、イタリアからの輸入品でもあるので、イタリアがコロナでやられてパスタの輸入量が減って、供給不足になっているのかもしれません。

ちなみに同じく乾麺で長期保存可能なインスタントラーメン、そうめん、うどん、そばはまだ大量にありました。

なので、今日はそうめん、うどん、そば、めんつゆを買っておきました。

これで10食分くらいにはなります。

すぐに夏がくるから、そうめんとかはどうせ食べるだろうし。

日本の食料供給は大丈夫だろうか。

パスタも楽天で大量に買おうと思い、値段を調べてみましたが、パスタはけっこう割高だったので、やめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です