バフェットは2番底に備えている

バークシャー、米4大航空会社の株式全て売却-バフェット氏明かす

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-03/Q9QA3JDWLU6901?srnd=cojp-v2

バフェットが航空会社株をしょぶんしたらしい。

バフェットが買いに動いて、危機終了のお知らせが来ると思っていたのに、逆のニュースです。

バフェットが買いに動いたら、僕も買いに動こうと思っていたのに。

バフェットは今の状況をこれから反騰が始まるというようには考えておらず、政府が必死に融資しているうちに、つまり、航空会社が倒産する前に、早く株を処分し、逃げたということです。

まだコロナは終わっていないから、確かにこれから2番底が来る可能性はあります。

バフェットは2番底に備えています。

ゴールデンウィーク明けからまた下げが再開するのでしょうか。

確かに今の株価は中央銀行の金融緩和に頼り切ってしまっています。

金融緩和がなければ、この程度の暴落ではすまなかったでしょう。

東京グールでいうと、最強の有馬さん(日銀)に頼り切りという状況です。

有馬さん(日銀)が万が一負けると、もう打つ手はありません。

漫画の中では最強の有馬さんでも負けるときは来ました。

日銀もどうなるかわかりません。

藤巻さんのいうように日銀破綻に備える必要があるのでしょうか。

僕は下げても大丈夫なように現金を維持していますが、日銀がやられたら、現金もただの紙切れです。

金のETFもカウンターリスクがあるものなので、どうなるかわかりません。

いくらか現物の金に変えておく必要があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です