バッタがどんどんインドへ

http://www.fao.org/ag/locusts/en/info/info/index.html

バッタがアフリカからもイランからもインド・パキスタンに集合してきているね。

インドとパキスタンなんて仲が悪いから、バッタ対策で協力とかできなさそうだし、それどころか、インド・パキスタンの国境周辺はどちらも手が出せない領域では。

インドでバッタの大発生は避けられそうにありません。

先週、少しだけ小麦ETFの価格が上がりましたが、これを反映しているのでしょうか。

中東イエメンと南米パラグアイでサバクトビバッタが大量発生し、世界各地で猛威を振るっている。収穫前の農作物を食べ尽くしながら移動するため、被害は周辺各国に広がっている。このままでは世界中で食糧危機が起こると、改めて危惧されている。

一方、南米のパラグアイでもサバクトビバッタが大量発生。1日100~150キロを移動し、わずか1日でサトウキビやトウモロコシなど約3万5000人分の農作物を食い荒らしながら、先日、アルゼンチンに南下。さらにブラジル、チリなど南米全体に広がる恐れが出ている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c93a8f03132fd24c2fc48fe6b3f4f2ee9005cbd

僕はアフリカのバッタだけに注目していましたが、南米でもバッタが発生しているようです。

南米との同時発生なら、食料価格に影響が出るかもしれません。

ただ南米はサトウキビ、トウモロコシなので、小麦だけではなく、トウモロコシも見ておいたほうが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です