ネクステージの中間株主通信が届いた

ネクステージから中間株主通信が届きました。

最低単位でも株を保有しておくと、こういう情報がもらえるのはありがたいね。

それによると、やはり4月、5月の国内中古車登録台数は減少しており、コロナの影響を大きく受けたようです。

5月は前年比79.2%だったそうです。

その後も自粛が継続していることを考えると、中古車登録台数は減少したまま推移しているのでしょう。

当然、ネクステージの売り上げも減少することは避けられないでしょう。

それでも、ネクステージは強気で通期では、売上が前期比で111.7%と10%も増えることを予想しています。

これは既存店の売り上げ減を新規出店が補うということでしょう。

しかし、利益は前期比49.3%を予想しており、半分になります。

それでも、黒字予想なら十分です。

ただ、この予想は楽観的すぎるかもしれません。

ネクステージの今期上半期は経常赤字に陥っています。

これが下半期は例年通り利益をあげると、通年で49.3%を達成できるわけです。

ただコロナはまだ継続しているので、下半期に例年通りの利益をあげるのは難しく、おそらく、通年でも利益ほぼなしを達成してしまう気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です