デイトレード戦略ーコバンザメ

[東京 8日 ロイター] – モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は7日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄ではかんぽ生命保険<7181.T>、日本新薬<4516.T>、オリックス不動産投資法人<8954.T>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>が新規採用となった。

一方、カネカ<4118.T>、神戸製鋼所<5406.T>、日本電気硝子<5214.T>が除外となった。11月26日終値をもって入れ替えが行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000021-reut-bus_all

MSCIインデックスはモルガン・スタンレーが算出している株式指数で、世界中の機関投資家が利用しています。

MSCIのリバランスは、2月、5月、8月、11月の年4回あります。特に毎年、5月、11月が大規模リバランスです。

今月の終わり11月26日にそのリバランスが行われます。来週ですね。

11月26日には一斉に売買が入り、出来高の上昇と株価の上下動が予想されます。

この流れに乗って、11月25日のうちにこれらの銘柄を買っておけば、多少の利益を残せることになります。

年4回しかないトレード戦略ですが、少しでも投資の幅を広げるためにやってみます。

同様のトレード法として、日経平均やTOPIXに絡んだものも考えられるので、全て行っていけば、このコバンザメ法はそれなりに稼げそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です