コロナ特別支援は不正の温床

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-18/QK02N1DWX2PT01?srnd=cojp-v2

フェイク農家、米政府が7億円規模を支援-放置されるコロナ対策不正

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-18/QK02N1DWX2PT01?srnd=cojp-v2

アメリカがでもコロナ対策に乗っかった不正が起こっているようです。

日本でも持続化給付金、Go to eat、Go to travel、家賃補助などでさまざまな不正が行われています。

この手の対象を絞った支援策は、不正を行う人が続出し、本当に支援が必要な人に届かないので、行うべきではない。

しかし、政府はこの手のことをやりたがります。

おそらくなんらかのキックバックが目的です。

なにかする分だけ自分たちに還元させています。

経済支援をするなら、減税が一番です。

この手の支援をするためには、政治家、官僚への賄賂がなかったとしても、税金を集めるコスト、それをばらまくコストが余計にかかります。

どうせ還元するなら、最初から集めなければ無駄を省けます。

逆累進性が高いといわれ、消費を委縮させる消費税を0%にすれば、十分な経済対策になります。

が、これでは官僚が偉そうにふるまえないし、何のキックバックももらえないから、彼らにメリットがないので、行われることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です