コロナの次は、株の暴落、もしくは、インフレによる調整

米スーパー株バブルの崩壊と回復、第二リーマンショックは起きるか (thutmosev.com)

トトメスさんがおもしろい記事を書いています。

バフェット指数として有名な名目GDPと株式時価総額を比較したもので、上の図は世界全体のものだそうです。

まさに壁にぶちあたろうとしています。

となると、次に起こるのは株価の暴落ということになるのですが、名目GDPのほうが増えてもいいわけです。

世界中の中央銀行が金融緩和をしているので、今にもインフレに火がつきそうです。

インフレになれば、当然、名目GDPはそれだけあがります。

なので、バフェット指数が維持されるためには、株価の暴落、もしくは、インフレがおこることになります。

どちらがおこるかは中央銀行次第です。

このまま緩和をどんどん続ければ、株価は維持されて、インフレになっていくはずです。

ただインフレは2%を目標にすると明言しているので、2%を大きく超えてくれば、緩和終了で株価暴落による調整がおきます。

インフレを抑えるのは、金融調整だけではなく、増税でも可です。

MMTの結末は消費増税? | Semi-retiring (semi-retiring.xyz)

MMTの行く末ともからんできますね。

いずれにしても、コロナが終われば、インフレに移行していきそうです。

そのとき、政府、中央銀行のどちらが引き締めにまわるかです。

今年の夏には、コロナがひと段落しているでしょうから、どうなるか正念場を迎えそうです。

インフレになれば、現金が価値を失っていき、暴落になれば、株価が大きく下がります。

なので、この2つをバランスよく配分しておくのが、防御としてはよいです。

僕の方針は特に変わらずで、30%程度を株の長期投資にぶちこんでおきます。

株と現金を半分ずつにしないのは、株のほうが値動きがはるかに大きいからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です